さとうだいこん

カテゴリー: 農業

メキシコ フルボ酸論文発表

日々、メキシコではより安価なより純正なフルボ酸開発、研究が進められていま2011年9月にはJournal of food, Agriculture & Environment Vol.9(3&4) 123-127 http://www.world-food.netにミヤモンテフルボ酸の初期段階に農業用として製造したフルボ酸の抗酸化作用の研究論文が発表された.

日本国内でも生物生育の発表が準備されています.

カテゴリー: フルボ酸について, 農業

ミヤモンテ フルボ酸の掲載

健康(主婦の友社) 2011年7月2日発売 ページ148ー156にミヤモンテフルボ酸について掲載されました.

アネモネ(株式会社ビオマガジン)2011年10月号 ページ36−39にミヤヤマ博士が語ります.

| 1件のコメント

福島原子力汚染海水にミヤモンテフルボ酸

平成23年4月20日 福島第二原子力発電所でミヤモンテフルボ酸が汚染された海水に試された.試験用汚染海水に液体ミヤモンテフルボ酸が注がれた.

1時 間後に1-131     1/7に減少. Cs-134   1/9に減少.     Cs-137  1/9 に減少しました.

カテゴリー: フルボ酸について

放射能とフルボ酸

米沢に在住の高岩先生(医学博士)が空気中の放射線量の測定をミヤモンテ気麗留(キレート)を使用してリポートを下さいました内容を報告いたします.

5月19日 米沢市内の庭の砂の地表近くでガイガーカウンターを使用してミヤモンテフルボ酸を散布した空気中の放射線量の減少を実験しました.フルボ酸を使用しないオレンジのカウンターは0.20マイクロシーベルトでした.20倍希釈のフルボ酸を散布したところ0.09マイクロシーベルトまで減少しました.

  ⇨  

5月22日 室内の放射線量を計測したところ0.124マイクロシーベルトでした.密封袋内の中にフルボ酸液を20倍に希釈してスプレー散布したところ0.073まで減少しました。その後、袋から取り出すと0.155まで再上昇しました.カウンターが汚れないようにセンサー以外にラップをかけて、外から撮影しているのでみづらいですが、数値が微妙に変化し続けるのでビデオも撮りました.

カテゴリー: フルボ酸について

さとうだいこん(ビート)

帯広畜産大学の土壌由来のフルボ酸研究を長年されている筒木教授にミヤモンテ フルボ酸研究を委託しました.

下記の写真は昨年(2002年)春に植え付けられたビートです。

フルボ酸を使用しないビート30苗(3列)フルボ酸を500倍に薄めた液にペーパーポットのビートの苗を浸してから30苗を3列植えました.真ん中の2列のビートは比較対象しませんでした.植物は隣の植物と競い合う性格があるからです.

現在は帯広畜産の卒業生の農家でも大掛かりな臨床が始まりました.その他、春小麦、ジャガイモ、ひまわり、キカラシ、エンバクなど成長、生産、栄養、ファイトメデレーション、他社のフルボ酸との比較対象などの研究が進んでいます

カテゴリー: 農業 | コメントをどうぞ

これがフルボ酸!

黄色く輝く物体ーこれがフルボ酸!

カテゴリー: フルボ酸について