特徴と可能性

現在の環境影響問題 フルボ酸有効利用
医学健康

生物濃縮問題/悪い物質が体内に蓄積する事 *精力増強
新種病気、症候群 *強力な酸化防止剤と活性酸素捕捉剤。
生殖不良 組織に蓄 蓄積された重金属と身体の毒素を排出。
アトピー 化粧品の亜鉛などの沈殿 新陳代謝を増加
コウチゾン副作用

*自然の電解質カルボキシ酸(COOHー)
*免疫組織の再構築を助ける(インターフェロン)
不治の流行性出血熱(Hemorrhagic Fever)の回復
*病気は地球も人間も同じく金属のバランスがとれない事 新種病気(症候群)、

アレルギーに対する免疫性を増強。
甲状腺機能亢進 各種の傷や傷跡になるやけどの回復を助ける。
異常甲状腺ホルモン分泌(ヨード)

*広範囲の抗菌作用
ヨード即ち放射線物質(放射能被爆) 発疹、皮膚のかぶれ、昆虫や蜘蛛の刺され傷。
健康食品、化粧品の活性添加物

土壌改良

工場跡の有害重金属の汚染     ヒマワリ植物などによる土壌中の重金属搾取。(パテント取得)
農薬過敏散布          放射性および有毒廃棄物を中和
砂漠化             悪条件での栽培、砂漠/水が少ない環境での成長を促す。
土壌の微生物増殖を指数関数的に改善
*地力を高め、干ばつ、霜、放射線に対する抵抗力を増加
農業

1、土壌改良 アミノ酸を活性化させ土質をアルカリ性に変化させる。

栄養低下ー味がない

2、酵素の働きにより植物の根を発達させる為、土壌の養分の’吸収が強化される。

成長障害

成長が促進される(発芽が早く、成長も早い)と同時に糖度、葉緑素が高まり
結果ービタミン、ミネラルの含有量をはじめ風味も増し食物の増収が計れる。
*葉ー葉厚があり繊維質はやわらかくなる、なめらかになる。
*実ー果実が大きく、糖度、酸味が増し本来の味がする。(調整可能)
*根ー糖度が増し、繊維質は柔らかく滑らかになる。
*花ー花芽が多く、花が大きく成長する。

3、気候変化に対応しやすく夏季における水不足にも収穫、品質に影響を
肥料過多による汚染土壌   受けないで収穫できる。
農薬過剰、除草剤過剰による汚染土壌

4、雨水の浄化作用により地球環境改善にも効果がある。
5、1回の肥料施行により2−3年の効果の持続が可能
化学肥料、農薬過剰散布の軽減
作物の細胞膜の浸透を改善、硝酸塩の蓄積を防ぐ
殺虫剤からの保護。

畜産

鳥インフルエンザ/牛、鳥、その他 成長促進
牛、豚、ひつじ、鳥、うさぎ、その他(養殖ミンク) 免疫力を高め、新種病気の予防。
健康不良  *アレルギーの原因ヒスタミンの排除
成長障害 成長促進。
ホルモン剤(重金属が多くビタミン過多になり1部が肥大する)

家畜の成長と速度の改善
たんぱく質の増加。

海の生物

磯焼け(海の砂漠化) *免疫性を高め養殖の成長速度の改善。
海水温の上昇 病気 養殖のバランスした栄養素とたんぱく質の増加。
フルボ酸が少なくなるー海藻の死滅ー小さい魚の死滅 養殖の病気や流行病に対する免疫力の増強。

生ゴミ 、木屑

生ゴミ(野菜クズ、酒粕)を埋めると有害物質が雨が降り川や海に流れだす。

*生ごみやグリーン廃棄物の有機肥料製造プロセス(1日ー5日間)に促進
鶏糞や牛糞を埋めると有害ガス発生する。

*栄養バランスの取れた肥料化、飼料化を促進。
絞りカスの飼料化。アルコール(エタノール)の2番絞り可能
*はミヤモンテ フルボ酸の臨床結果です。
1部フルビックレポートを参考資料

広告