土壌重金属吸着臨床の募集

日本国内でも植物や微生物を利用した土壌改良の研究が行われるようになりました。

肥料過多、農薬散布、工場跡などの重金属過多の汚染土壌の改良は

安全な農地、宅地の確保に必須となっているからです。

これは、私たちの健康上の食生活だけの問題ではありません。

改善しなければいけない環境問題です。

この、高集積植物の利用に植物を大きく早く育て、重金属を吸着するフルボ酸を利用していただける研究グループを探しています。

ミヤモンテ ひまわりファイトメデレーション鉛土壌改良の論文

上記の臨床に使用したミヤモンテフルボ酸から改良を重ねてきましたので

より、吸着力が向上しました。現在はより良い結果が予測されます。

ご連絡先:麗納株式会社

兵庫県芦屋市東芦屋町 電話:0797ー25−7910

または、contact@miyamonte.com

までご連絡ください。

フィトレメディエーション ホテイアオイ、チドメグサ、浮き草、、ポプラ、柳
1、ファイトエキストラクション 植物に蓄積
2、ファイトスタビライゼーション 寝表表面に蓄積、無毒化
3、ファイトステイミレーション 分解無毒化
4、ファイトボタリゼーション  微生物を活性化、汚染物質を分解
5、ファイトとランスフォメーション  大気中に拡散

高集積植物

鉛 (Pb)     タデ科ソバ ヒマワリ(根)スチロンチウム(根)インドカラシナ
ミゾソバ ヘビノネコザ ナズナ レンゲソウ サツマイモ マリーゴールド
モエジシマダ   コバノツメクサ(11400ppm)
カドニューム(Cd) ハクサンハタザオ(200-900ppm) ひまわり カラシナ
( 金)シダ科 ヘビノネコザ グンバイナズナの一種 ミゾソバ
ヘビノネコザ アッケシソウ(塩耐植物) グンバイナズナ
亜鉛(Zn)     グンバイナズナの一種 アブラナ科植物(15700)ブタクサ  ヘビノネコザ
ヘビノネコザ
砒素 (As)    モエジマシマダ
ヒメノガリヤス(80.99ppm)
マンガン(Mn)   ウコギ科コシアブラ(10,000ppm) ツルコケモモ
アッケシ草
セレン(Se)     蓮花  スタンレピナータ(土壌中6ppm  植物中3,000ppm)
4)インデアンマスタード 遺伝子導入植物ユリノキ
ニッケル(Ni)  タカネグンバイ  アブラナ科植物 (30000ppm-50000ppm)
アガサ科植物 (45000ppm)
水銀(Hg)
銅(Cu) サツマイモ  ヘビノネコザ

石油        トウモロコシ 白色クローバー
女性ホルモン物質  アナカリス、マツモ、スクリュー、バリスネリア

広告
カテゴリー: 土壌改良/重金属吸着 パーマリンク