ユリ エリート、ピンクスプリ-ム、ドリームランド 農業臨床

ゆり臨床実験—日本語訳EFFECT OF USB COMPOST (MIYAORGANIC) IN THE GROWTH AND DEVELOPMENT DE Lilies, IN GREENHOUSE
温室栽培
(グリーンハウス)におけるユリの栽培と発育におけるUSB堆肥(ミヤオガニック)の影響

はじめにメキシコではここ十年間の草花園芸業界で重要な開発を行っていました。国は、植木鉢の花、葉、プラントにおいて全世界消費の1%を寄与しております。その消費金額は1999年には5500万まで上昇しました。世界的なレベルでは国として17位に位置しております。国はカット花文化に専心的で6,500ヘクタールもの花を90.8%は国内で全国の単一市場に供給され、9.2%が海外に輸出されています。観賞植物の文化の意図では、生産性の質を高める腐植土物質は実際には使用されていません。それによって、その用途を履行するために必要となります。腐植土物質は植物の成長過程において腐植土物質の部分を直接、間接的に搾取ことが考えられるので、農業への種々の利点を生み出します。合成イオン交換(キレート化合物)に似た品種の植物性の栄養を規制している(Schnitzer, 19991; Orlov, 1995).

OBJECTIVE(目的)
温室栽培におけるユリの成長性と開発に対する堆肥
(MIYAORGANIC)の効果を確定すること。

MATERIALS AND METHODS(材料と方法論)
作業はエヒード・グアダルーペ・ビクトリア、サルティヨ地方自治体、カオウイラ、メキシコにある温室でなされました。ミヤオガニック、ヘクタール当り
500kg1000kg1500kgを砂に混ぜたものが準備された。最初に堆肥(ミヤオガニック)の濃縮フルボ酸(AFC)作業を始める。苗床に口径12/143種類(エリート、ピンクスプリ-ム、ドリームランド)のアジアンユリ球根を植付ける前に10分間、AFC(1リットルの水に0.6ミリリットル)に浸み込ませる。苗床の寸法、広さ1m、長さ25m、深さ20cm、準備された混合砂堆肥USBで満たされた。球根は10センチ間隔の距離で植付けられ、ヘクタール当り125000本の計算で植え込まれた。処方に従って肥沃化され、リニアメーター(Zúñiga ET al., 2002)による鉄キレート化合物の100-120-80および5グラムが適用されました。

潅漑システムは「cintilla」という方法をとった。実験的着想に従って、処置(テーブル1)3つの反復に階乗調節装置2×2で完全に任意に分配されました。その変化量は分散分析によって評価しました。それらはTukeyの平均値テストにおける0.05%の確率で、発芽日、軸の長さおよび直径、プラントの花(「ラッパ」)の長さおよび数、などである。
Table 1.- Description of the treatments(
処置内容)

TREATMENTS


RESULTS(結果)

ミヤオガニックをヘクタール1500kg加えたとき種類エリート(T4V3)の軸長が市販用の証拠を19%超越している。ピンクサプリ-ムとドリームランドの軸長の変化量は掲示された種類(エリート)より低かった。同様の状況が花根の変化量でも起こりました。同じ処置では市販用の証拠(Witness)150%越え、花根の長さでは58(テーブル2)超えている。

Table 2.- Obtained results.(達成結果)


EVALUATED VARIABLES

CONCLUSIONS(結論)

堆肥USB(ミヤオガニック)を利用した小さなスペース内でのカット花としてのユリの生産は実行可能な代案である。

BIBLIOGRAPHY

Orlov, D. S. 1995. Humic Substances of Soild and General Theory of Humification. A. A.

Balkema, Publishers, Old Post, Road Brookfields, VT, USA.


Schnitzer, M. 1991. Soil Organic Matter – The Next 75 Years. Soil Science Vol. 151, 41-58.


Zuñiga, E. M. R., R. López C., J.M. Covarrubias R. 2002. Foricultura: Una Alternativa de

Producción para el Sureste de Coahuila y Centro de Nuevo León.

広告
カテゴリー: 農業臨床メキシコ パーマリンク