ピーマン Capsicum annuum L.農業臨床

Sweet pepperピーマン 農業臨床翻訳

ORGANIC FERTILIZATION IN THE PRODUCTION OF THREE CULTIVATES OF SWEET PEPPER (Capsicum annuum L.) WITH APPLICATION OF MIYAORGANIC® UNDER CONDITIONS OF GREENHOUSE

唐辛子属(ピーマン)に対してグリーンハウス内でミヤオガニックを応用した3種類の栽培生産工程内の有機肥沃法

はじめに

環境や生態学上の農業における有機物は合成物質である化学製品すべてを否認し、使用しないことを特徴としている。それは自然産物利用の生産における全体システムの下で長期間の自己生命維持力を生み出すという目的を持って開発され、適切な農業の実践として最大限の効果が得られるように編成されいる。そして農業システムの健全性、独自の生物的多様性、循環性と土壌の生物学的活動を増進している。

メキシコの有機農業生産の80%から90% は輸出志向であると考えられる。主な輸出先はヨーロッパ諸国、アメリカ、カナダです。有機農業生産物の国内従事者は初期段階であるが、中期および長期視野からみると既に確かな商業潜在性は示されている。有機農業の生産者に対する刺激は主にそれから発生する通貨であると共に割増金やプリミヤ価格が支払はれるという事実から生じている。

現作業は下記の目的と仮定を提起している:

目的(Objectives)
チリピーマンの栽培生産において、フルボ酸
(ミヤクション)施した群葉の方法での土台の有機物栄養素と生産物への適用性のバランスを測定すること。

仮説(Hypothesis)

群葉方式で供給した時のピーマンの生産におけるフルボ酸の応用は作物の栄養素を補う多様な栄養素に活性化する。

文献の検討(REVIEW OF LITERATURE)

生産技術.

ペッパー(ピーマン)業界において、多く使用されている従来的なシステムとしての植え込みは苗床で繁殖させた苗の移植という方法です。直接に種を蒔くという技術は業界に定められいて、ペッパー(ピーマン)業界にも伸びている。裸の土壌における直接種まきは適温下でスプレー灌漑のある腐敗病が形成されない砂の多い土地が望まれる。

移植は苗木が4 つか5 つの小葉を付けた時に行なわれなければならない。成長が早かったり遅かったりと環境温度に左右されるがその時期は苗床時から50-60日の間に発生する。

栄養素(Nutrition)
望まれる肥沃法:土台として
30から40トンha-1の肥料:窒素100kg ha-1 5酸化リン(P2O5 ) 90 – 150 kg ha-1、 酸化カリウム(K2Ò) 200 – 300

材料及び方法(MATERIALS AND METHODS)

植物類の素材(Vegetative Material)

95%発芽状態でのチリピーマン(Capsicum annuum)の種に対してカルフォルニア ワンダー300Capristano and Jupiter

処置地の内容と試験的な設計:

3種の異なる酸の投与量は Miyamonte Mex., S. A. de C. V.会社のミヤクション(MIYACTION)と呼ばれる商品で群葉方式を適用しているフルボ酸で評価(処置)された。夫々の処置地の為にミヤオガニック(MIYAOGANIC)商品を用いて土壌に対して有機物肥沃化の2段階での適用が用いられた。

試験的な設計:

各自の変化量から得られた結果はSAS の統計的なプログラムの中で、ブロックの変動の分析及び平均の比較(Tukey α = 0.1)の下でランダムに処理された。

評価するべき変化量

適応処理地の動向を研究する為に以下の変化量が評価された。

作物の高さ

茎の直径

花の数

バイオマスと根の新規の重さ

バイオマスの乾燥重量と根

収獲量

結果及び審議(RESULTS AND DISCUSSION)

調査上の現在の作業では変化量が鑑定された:成長の分析、生産の収穫量、花の数、それらは絵と図で次に説明されている。

作物の高さ:この変化量を分析すると処置地では主に高さの増加で同じ形態の反応を示さないという鑑定であったし、得られた結果に従えば一般的な形態にて観察されることは可能である事が解った。ミヤオガニック(MIYAOGANIC)肥料1 lt ha-1 プラス5 lt of MIYACTION / 200 lt of water (T3N1)の臨床(応用)が他の配合との比較の中で最良の結果を生んでいた。

Table 1. – Average values for the variable height of plant (cm)(高さの平均値)

TREATMENTS(処置地)


Yield(収獲量):

図の2では収穫量で応用処置地の効果と調査での各変化の働きを示しています。

Table 2. グリーンハウスでピーマン(Sweet Pepper)の3耕作地における有機群葉肥沃法の条件下での収穫量(t ha-1)

Yield (t ha-1)

ミヤオガニックをヘクタール1 tプラスミヤクション(MIYACTION) 5ltと水200ltの応用が高い収穫量を示している。Wonderでヘクタール29.45 t, capistrano 24.46 tそしてJupiter 24.15 t である。低い収穫量はwonder では応用量はミヤオガニックをヘクタール2 tプラスミヤクション(MIYACTION) 2.5ltと水200ltの場合でヘクタール8.25 t 、変化量は20.95 t も超えていた。ミヤオガニックをヘクタール2tプラスミヤクション(MIYACTION) 5ltと水200ltを使用したcapistranoはヘクタール15.93 t8.53tの違いを生じた。Jupiterに対してはミヤオガニックをヘクタール2 tプラスミヤクション(MIYACTION) 2.5ltと水200ltを使用し、ヘクタール11.08tであった。変化量はヘクタール13.07tであった。

CONCLUSIONS(結論)

ミヤアクション(MIYACTION)の応用はこの実験に使用されたピーマン(SeetPepper)3種類の如何なる状況においても損害や作物の奇形を生まない。一つの結論としてこの商品の最良の投与量はヘクタール5リットルである。


BIBLIOGRAPHY(参考文献)

Ching Fang. 1994. Efecto de abonos orgánicos en el crecimiento y Producción de

Pimienta Dulce. Boletín de Tai Chang District Agricultural Improvement Station. No. 42, 1-10.

FAO. 2001. Los Mercados Mundiales de Frutas y Verduras Orgánicas. Roma, Italia.

Jablonska, C. P. 1990. Efecto de la fertilización con paja en la Producción y el

contenido de materia seca en frutos. Boletín Warz y wniczy. No. 36, 203-212.

Moroto, J. V. 1983. Elementos de Horticultura General. Ed. Mundi-Prensa, Madrid.

Núñez, E. R. 1998. Principios de fertilización Agrícola con Abonos Orgánicos. En:

Monroy H.O. y G. G. Viniegra. Biotecnología para el Aprovechamiento de los desperdicios Orgánicos. Editorial AGT, S. A. México.

広告
カテゴリー: 農業臨床メキシコ パーマリンク