トマト 農業臨床

トマト臨床実験—日本語

EFFECT OF THE COMPOST ELABORATED WITH HEN DUNG (MIYAORGANIC) ON THE TOMATO PRODUCTION (Var. Saladete great Rio 310) AND ITS SOIL EFFECT

トマト栽培における鶏糞(ミヤオガニック)で入念に作られた堆肥の効果とその土壌に対する影響

はじめに

土壌への有機物への応用は、この天然資源の肥沃を増加させます。ブタ、牛やトリの飼育農場、或いはヤギの肥料をベースにした天然の肥料を使用する最初の農業である有機物の応用が実行されていたので、その有機物が滋養のある要素をプラントに提供するというメカニズムは確かでない。他の方法としてはいわゆるこれらの材料の堆肥として土壌での有機物の結合や堆肥のプロセスに虫が利用されていた。そしてそれらは土に組込まれて最終的に物質の分解プロセスの加速を助けている。そしてそれが結果としてプラントのための土壌の栄養素を増加させている。

全国レベルにおいてより大きく重要な野菜であるトマトの生産方法は非常に多様である。ここ10年の間、より良い質や大きな生産量を得る目的を備えた温室(グリーンハウス)の条件の下でそれを行うことで背丈が非常に高くなっている。

OBJECTIVE(目的)

温室におけるトマトの生産効率に対する堆肥(MIYAORGANIC)の作用と栽培終了時に土壌の鉱物要素の含有内容を確定すること。

MATERIALS AND METHODS(素材と方法)

この仕事はUniversidad Autonoma Agraria “Antonio Narro”, in Buenavista, Saltillo, Coahuila, Mexico内で、重さ20キログラムのミヤオガニックという堆肥を使用した土に移植し、植木鉢で、温室(グリーンハウス)栽培という条件下で行われました。 肥沃化の3段階の内、出発点としてヘクタール500Kg750Kg1000Kg1500Kgが扱われた。そして0RGANODELオルガノデル(熱電対列エアロビクス・バクテリア植え付けを受けて処理された肥料)(表-1)と呼ばれている製品を市販用の証拠材料とした。最初の時点におけるプラントの背丈変化の鑑定、軸の直径、実の重さ、プラントの実の数、ビタミンC含有量からの実の質、土壌の硝酸塩の含有量、そしてこの栽培における最初と終わりの時点での鉱物(ミネラル)要素の内容変化で鑑定されている。

使用された植木鉢は直径の25cm、高さ40cmで土の量20Kgのものでした。移植は各植木鉢に24枚の葉を持った高さ57cmのプラントを配置して作られたものでした。

Table 1.- Description of the treatments. 処置内容

TREATMENT処置

DESCRIPTION内容

RESULTS AND DISCUSSIONS(結果 と議論)

果物から得られた変化量を鑑定した結果がテーブル2に示されています。

Table 2.- Obtained Results得られた結果

EVALUATED VARIABLES

* 移植後40
** 200000 プラント/ ヘクタールのプランテーションの許容を備えた1ヘクタールの温室における3回刈り取りでのトマト作物収穫量

トマト栽培の栄養上のパラメーターとして、ビタミンCの含有量で鑑定され、それらの値はGrubben (1977)氏によって確立された平均値内であることを示すことが重要である。そしてミヤオガニック処置法は市販用の証拠材料(Witness)より優れていた

収穫終了時、土壌の中でのミクロ要素の最終濃度の観点から、Mn含有量に対してより小さな要素含量がヘクタール500Kg750Kgおよび1000Kgの肥沃処置内でたった一つ、変化を受けたことが観察された。鉄分においてはこれらの同じ処置内でより大きな含有量が現れた。市販用の証拠物であるオルガノデル(ORGANODEL)はミヤオガニック(MIYAORGANIC)処理されたどれよりも低い反応を示している。

CONCLUSIONS(結論)

現在の実験の中で得られた結果に対する基盤として、次の結論が生み出された。

  1. 果物の硝酸塩含量とビタミン「C」含有量に悪影響を及ぼさずにヘクタール、50%の大量増加生産するとき、ミヤオガニック(MIYAORGANIC)は温室栽培でトマトの生産効率に効果がある。

  2. .収穫の終わりに土壌の栄養素含量の増加が見られる。

BIBLIOGRAPHY

Angers D. A. , A. Pesant, and J. Vigneux. 1992. Early

cropping induced changes in soil aggregation, organic matter, and microbial biomass. Soil Sci. Soc. Am. J. 56:115-119.

Ávalos G. L del C. 2003. Rendimiento y calidad de híbridos de tomato (Lycopersicum

広告
カテゴリー: 農業臨床メキシコ パーマリンク