ジャガイモ 農業臨床

Poteto 農業臨床 翻訳

EVALUATION OF “MIYAORGANIC” IN THE POTATO`S CROP

ポテト作物での“ミヤオーガニック”の評価

はじめに

ポテトの生産は他の多くの作物と同様、非常に重要な課題に直面している。その課題とは競争的な側面や一方で無害性や環境状保護の中で栽培し、それを全体の方針として観察するということである。これらの状況下が生産者、そして調査員やその他の作物に関係する人々にこれらの挑戦に直面させ、それらの代替法を捜すことを求められている。

これらが作物の栄養素成分において有機物の分配(分割)に貢献するという有益性は簡単に観測できる。これはしかし単一栽培の条件下に置かれた農業土壌事情では長期間(長い年月)、有機物分配を受けていなかったということを明白にしている。(Santos, 1988).

1986年、Cooke氏は普通の場合、有機肥料は植物及び動物の不用部分から発生する産業廃棄物処置から成り立っていると言及している。これらは下肥肥料より多くの窒素をおよびリンを含んでいて、一般的な肥料の種類として取り扱われている。1988年、Núñez氏は有機物肥料は商業的化学媒介物として利点があると言及している。それらは素晴らしい残余効果をもたらして、土壌に大きいな湿気保持容量、気孔率および明らかな密度性を提供している。これらの条件下での栄養効果はより大きく、根本的な浸透性のもとで、最良な空気、水及び栄養剤の動きに反映されている(Bersth, 1995).

目的(OBJECTIVE)
ポテト作物の巨大化に対する
“MIYAORGANIC” -“従来の肥沃化”の最適な量を定めること

仮説(HYPOTHESIS)

無機物肥沃法(FT)を有機肥料“ミヤオーガニック”(MO)4060%変えた場合、ポテト作物の巨大化が生じ、生産性と質が向上するであろう。

材料及び方法(MATERIALS AND METHODS)

現在の仕事はSan NicolasBuenos Aires, Pueblaの自治体であるProvidenceにある農場で行なわれた。それは2004年の4月から7月の期間でした。証拠として4種類に処理された“ミヤオルガニック”にて評価された。実験が施されたロットは10 ヘクタールの広さの敷地にあり、その処置地は任意に合意された場所で、そして実験枠は4500平方メートルというものである。各々の実験処置枠は1125平方メートルの広さであった。畝の間隔は0.92 メートルで、作物間は25 cmにセットされ、この実験で無機物肥沃法として使用されたもとは、尿素(46-00-00)、三倍17 (17-17-17) 及びカリウムの硫酸塩(00-00-50)である。

この実験の方法は商品を適用分量に区別して使用し、異なる処置地のランダムテストで評価をするというものです。それは証拠として植物の成長結果が変わっていれば確認される。適用される統計的な実験ではもし観察された作物の違いが単にたまたま待っていた(普通の成長)状態より大きい結果であれば区別することが可能となる。

評価するべき変数は作物の高さ、茎の直径、茎及び葉の新しい重量、品質((1ª, 2ª, 3ª 4ª)と全体の収獲性で、それのために無作為に合計各実験単位として5 つの作物を見本抽出され、全体収穫量は畝の10 メートル間で得られた小結節の総重量を加算して計算される。各処置地ごとに各自10 メートル間隔の2畝を取ること。

Table 1.- Description of the treatments(処置の記述)

Fertilization of Bottom(基礎肥沃)

結果及び議論(RESULTS AND DISCUSSION)

得られた結果では、最もよい処置地はすばらしい収穫量を得られた第4 だったことを示しています(20% FT + 80% MO)。実験終了結果から比較すると67%の増加という結論であったが、小結節の質のパーセントや作物の開発では 39,83 t has-1の結果の処置地第4 の質のような高いパーセントを与えなかった時でさえ殆ど影響されなかった。しかしながらそれはそれらの質においてより高い性能を得ることによって、経済的に有益性なものになるかどうかである。その他の関係:価格有益性は処置地4が$1.00から$0.89.一方試験結果では、それは$1,00 – $0,15で、処置地1と2と殆ど同じである。

EVALUATED VARIABLES

結論(CONCLUSIONS)

得られた結果は肥沃法の最もよい組合せは処置地4 (20% FT + 80% MO) で準備されて作られた場合であることを示しています。の品質、植物の高さおよび茎及び葉の重量は同じ処置地で得られ、結果として類似性があり、そして処置地1 及び2 で超越している。

BIBLIOGRAPHY

Bertsh, F. 1995. La fertilidad de los Suelos y su Manejo. Asociación Costarricense de la Ciencia

del Suelo. San José, Costa Rica. p 148.

Cooke, G. W. 1986. Fertilizante y sus usos. Novena Impresión. Editorial C.E.C.S.A. México.

Núñez, E. R. 1998. Principios de fertilización Agrícola con Abonos Orgánicos. En: Monroy H.O. y

G. G. Viniegra. Biotecnología para el Aprovechamiento de los desperdicios Orgánicos. Editorial AGT, S. A. México.

Santos, T. A. 1988. El Uso de los Abonos Organicos en la Producción Agrícola.

González, F. Agrotecnología Moderna. Fertilizantes. Centro Nacional de Investigaciones Agrarias. CNIA, SARH. México. p 120 a 128.

広告
カテゴリー: 農業臨床メキシコ パーマリンク