Fulvic World 日本語

人は土に
生まれ土に帰ると言われます。
土はエネルギーの元、命の元なのです。

しかし地球と言う星の土は汚染され生物への影響
地球への影響が懸念され始めています。

私達の住んでいる地球の微量元素(ミネラル)は人間に含まれる元素と同じ成分で出来てます。地球が汚染される事は地球上のすべての生物の生態系が 汚染され破壊される事を意味していす。それは地球上で人間が生活するルールとしてエコロジーが基本の上にエコノミー(経済)が成立するが現在の文明社会ではエコノミー(経済)を優先され 自然淘汰されないままに生態濃縮(Bioaccumulation)や2酸化炭素排出で汚染され、生物への影響、地球環境への影響が懸念され始めている。 そして地球温暖化による災害の増加、砂漠化、水位の上昇などがおきています。そこでミヤモンテ社は低コストにバイオマスを利用して再生エネルギー、2酸化炭素の還元(カーボンニュートラル)を行い環境改善しながら生産性を上げる事を提案します。

フルボ酸の特徴は動植物の生命体に不必要なものは排出し(キレート)必要なものは吸収(サプリメント)し健康維持を長く持続させます。

このフルボ酸を人工的に培養することができれば製薬会社がいらなくなる時代がくるとも言われています。それは、土壌や海の重金属を排除し、動物を大きく健康に育て植物を大きく栄養豊かに育てます。フルボ酸を多く含む野菜や肉を食物を摂取することにより免疫性を高め健康に導きます。

従来のフルボ酸は黒ボク土、ポトゾル泥炭、熱帯泥炭、堆肥、褐色森林土、アンモナイト(レオナルダイト ホシュレス)ヘマタイト、から抽出、市販品は(石炭より合成)からHA(フミン酸),FA(フルボ酸)を分離していたがフルボ酸を自然から抽出する事は地球上の成長促進に必須である成分が無くなり地球が枯死する事を意味します。そして化石燃料からのフルボ酸抽出は塩素に反応するとトリハロメタンを発生します。そして化石燃料のエネルギーと同じ問題を誘発する可能性があります。

ミヤモンテ社は2003年、フルボ酸を独自のバイオテクノロジーで腐植連鎖を速度化して人工的に量産抽出を可能にし、汚染された土壌環境を自然の力を利用して改善できる原料、ミヤオルガニック(土壌改善用)とミアクション(抽出液)の生産に成功した。これらの原料はメキシコのアントニオナロ国立農業自治大学(Universidad Autonoma Agraria “Antonio Narro)にて臨床されてその効用が実証され、有機製品としてBIOAGRICERTに認定された。同時にIFOAM、EU2092/9、NOP-USDA、JAS-JAPAN、AB(フランス)、BIOUISSE(スイス)とCCAQ(カナダ)にて国際コードBAC008968として認定受けた。ミヤモンテ社のフルボ酸はナチュラルパーフェクトリサイクルを可能にするカーボンニュートラル製品です。

5月2007年

ひまわりプロジェクトの種まきが始まりました。フルボ酸でひまわりを育てる事で土壌の重金属をキレート(吸着)させて土壌の有害物質を取り除きます。ひま わりはフルボ酸で土壌の重金属を吸着した水分を吸収し、ひまわりに重金属は運搬され蓄積します。ひまわりを収穫後に重金属はリサイクルできます。種はバイ オマスに利用されます。

 

広告
カテゴリー: フルボ酸について パーマリンク